スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告
免許失効・取消処分限定!一発免許の技能試験合格マニュアル

一発試験必勝合格マニュアル


教習所に通わず、運転免許を取得する方法を通称「一発試験」「一発免許」などと呼んでいますが、いったい、どのような試験で、どれ位難しいのか、正確な情報を収集することが非常に難しいのが現実です。 ネットの掲示板をみても、個人のブログ・体験談を読んでも、【全体像が見えないばかりか、情報の偏りがあるのでは?】と感じてしまうのは、私だけではないはずです。 だからと言って、一発免許を諦めて、公認の教習所に通い忙しい職場の中で”今日は教習所なんで、お先に失礼します!”なんて、毎回・毎回言いにくいし、20~30万円も払って、今さら「ハンドルさばき」や「ブレーキの踏み方」なんてバカらしくてやってらいられない。と考えるのも、運転経験者なら、ごく普通の気持ちだと思います。 そんな、あたなにしっかりとした自信がもてる”ある事実”をお伝えます。 その事実とは・・・一発試験は、道路交通法などの法律に基づいた試験なのです。 はぁ?と思わずちゃんと聞いてくださいね。学科試験は、本屋にいけば、合格するために必要な知識を「教本」や「練習問題」から簡単に入手することができるのでココでは説明しませんが、みんなが『何回、受験しても合格できない』と恐れている技能試験は、キチンとした合格基準が法律書では定められてはいるのですが、なにせ法律書!その解釈が非常に難しいですし、ただ減点される箇所を明示しているだけなのです。 減点箇所さえわかれば・・・なんて思うかもしれませんが、これでは合格するための「練習」もできませんし、どのように試験場を走行すれば良いのか、全くわかりません。それはそうです。この法律書関係の類は、試験官のバイブルであって、受験者のバイブルとして書かれていない為、「一発試験対策」としてはそのまま活用できるものではないのです。 ちなみに、運転免許センター(運転免許試験場)の試験官は、ご存知の通り、警察官です。しかし、ただの警察職員ではありません。技能試験官として、運転技能に関する「採点方法」の訓練を受けた”プロ中のプロ”が採点しているのです。 680時間もの講習を受け、カンによる採点ではなく、正確で公平な採点ができるように徹底的な訓練をうけています。例えば、急発進では0.4g以上を超える加速をした場合、減点対象となりますが、この0.4gがどの程度の「動加速度」か正確に採点できるように訓練されているそうです。 一発試験では、昔教習所で習った「S字・クランクなどの狭路走行」「坂道発進「踏切横断」など良く思い出せる課題走行などだけでなく、ウィンカー点灯前の安全確認やブレーキング方法、そしてブレーキ前の安全確認など、ゆうに100項目を超える「減点ポイント」があるのです。 これを知らずにみんな受験するので、法律で細かく定められた「減点ポイント」に、獲物を狙う猛獣のように研ぎ澄まさせた『試験官の視線』が受験者の自己流運転に容赦なく減点を積み重ねていくので、「当たり前のように不合格」になり、散々”運転免許試験場”で受験した挙句、いちから教習所に通わないとダメかな~という衝動に駆られてしまうのです。 でも、ここまで読んだあなたなら、もうなんとなく分かってきたでしょうか? そうです!一発免許の技能試験は難しいのではありません。【合格するのための安全確認と走行法】さえ知れば、技能試験に「すんなり合格」することは可能なのです。




  • ◆スピリチュアル大学特待生入学◆ 4つの特典付【最大2ヶ月間の学費無料】【思いが現実になる願望実現テキスト】【オリジナル自己探求CD】【学割制度】

  • 便秘というコンプレックスをなくしませんか?

  • プロのホストが使うナンパ・ノウハウ! 【ブサイクで】【ヒッキーの】彼女いない歴34年のボクにたった20日で3人の彼女が! ネットや携帯のサイトを使ったものではありません。彼女量産ノウハウ『量さん』!!




  • スポンサーサイト
    【2007/05/07 12:35 】 | (有)日本アイ・オー・シー | コメント(0) | トラックバック(0)
    <<・・・・を知れば、マーケットに勝てる! | ホーム | モテモテになります^^>>
    コメント
    コメントの投稿














    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック
    トラックバックURL

    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    | ホーム |

    FC2Ad

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。